交通事故の症状改善

交通事故の症状改善

交通事故でのケガの場合、その時はさほど痛くなくても後からだんだん痛みが強くなることが多くあります。レントゲンでは異常がなくても写らない軟部組織の損傷で、病院から処方される痛み止め薬や湿布だけでは症状が改善されない場合が多くあります。交通事故治療の経験豊富な当院では、事故の後遺症からくる頭痛・肩こり・不眠・腰痛などの症状改善に自信を持っております。また、相談やご紹介のできる弁護士事務所と提携していることも当院の強みです。

交通事故後の治療までの流れ

  • 相⼿の免許証、名前などを確認する 1

    相手の氏名・住所・連絡先・勤務先を確認。更に車種や車のナンバーや自動車保険の会社名などを控えるようにしましょう

  • 事故現場の記録 2

    事故のショックもあり、事故当時の記憶は薄れることがあるので、出来るだけ事故直後の現場の写真、見取り図を記録しましょう。現場を保存することで、警察に詳細を伝えることが出来ます。

  • 警察へ交通事故の届け出 3

    事故後、加害者はもちろん被害者からも警察への届出が必要になります。また、仮渡金請求などの手続きで必要になるので、保険会社に提出する「交通事故証明書」を発行してもらいます。特に交通事故で怪我を負った場合は「人身扱い」の届で出が重要です。

  • 医療機関で医師の診断を受けましょう 4

    交通事故の治療には医師の診断が必要です。事故との因果関係が認められるように、極力すぐ医療機関を受診します。その際、事故の「診断証明書」を発行してもらいます。

  • ご⾃⾝の加⼊している保険会社へ事故内容の報告 5

    交通事故に遭ったことを、ご自身が加入している自動車保険会社に事後内容の報告をしましょう。

  • 相⼿の保険会社から連絡が⼊ります 6

    その際に、保険会社の担当者に北川整骨院に通院する旨をお伝えください。
    そこから当院での治療開始となります。

施術内容

電気治療

電気治療

当院では豊富な治療機器を、患者さまの症状に合わせて使用いたします。電気治療の主な作用として、表面の筋肉を刺激・収縮させてコリを緩和させたり、身体組織まで深く浸透してコリの幹部に到達して血管を拡張させ血行を促進してこりを緩和させることができます。その結果、筋肉疲労や血行不良の改善につながり、頭痛、肩こり、不眠などの緩解が見込めます。

手技(筋肉と背骨の調整)

手技(筋肉と背骨の調整)

筋肉をいくらゆるめても、土台となっている骨盤や背骨が歪んでいると、またすぐに固くなり痛みが再発してしまいます。当院では、痛みのない安全な矯正を用いながら根本的な治癒を目指しています。また、痛みや症状別のストレッチ体操の指導もさせていただき、患者さまと一緒にケガの治療や再発防止を行っています。

テープ治療(キネシオ・スパイラルなど)

テープ治療(キネシオ・スパイラルなど)

主に関節周辺部および軟部組織(筋肉・腱・靭帯・筋膜など)の損傷に対し、その処置に際して予防、応急処置、再発防止を目的として用いる方法です。当院では、症状や治療目的に合わせて、主に固定を目的としたホワイトテープと、運動機能を高める目的でキネシオテープやスパイラルテープを使い分けて施術しています。貼り方ひとつで大相撲の関取が身体を支えることができたり、アスリートの記録向上につながることができます。 

症例

むち打ち症、骨折、捻挫、打撲、腰痛、手足の障害、
痛み、しびれ等

施術料金

交通事故施術は自賠責保険適用で自己負担額は0円です

交通事故での通院には「自賠責保険」を使用することができ、
自己負担する金額はありません。実質0円になります。